記事の詳細

株式会社ウィンコーポレーション(本社:東京都千代田区/代表取締役:中村真一郎、フルフィルメントグループ、以下「当社」)は、当社にて継続して一定期間就業されている方を対象に『免許取得支援制度』を2017年6月1日(木)より開設したことをお知らせいたします。

同制度は、未経験者の採用拡大やドライバーのキャリアアップを目的とし、未経験者でもこれからドライバー職を目指したい方、今より大きな車両へキャリアアップしたい方に対して、当社が費用の一部を補助金として支給する制度です。補助金は、中型免許取得で最大10万円、大型免許取得で最大15万円を支給します。さらに、免許取得を希望していても費用の支出が難しい方に対して、当社が免許取得に必要な費用の全額を貸与します。
 
免許取得支援制度
 
現在、物流業界では慢性的なドライバー不足が続いており、ドライバーの高齢化も懸念されております。今回の制度では、若年層や未経験者の方などに対し、より多くの就業機会を提供するものです。
また、免許取得後は、取得資格が活かせるお仕事へキャリアアップできるようサポートいたします。
 
 
■対象免許
対象免許
 
■背景
2017年3月12日に改正道路交通法が施行され、準中型運転免許が新設されました。これにより、準中型免許の対象となる車両総重量3.5トン以上7.5トン未満のいわゆる2トントラックが、18歳から運転できることとなりました。
物流業界では慢性的な人材不足が続いております。トラックドライバーの有効求人倍率は年々上昇傾向にあり、平成28年度では2.01倍と職業計と比較しても高い状況です(図1)。
 
トラックドライバーの有効求人倍率等の推移(図1)(図1) 資料出所:厚生労働省「職業安定業務統計」
(注1)上記の数値は原数値である。
(注2)上記の数値は、平成23年改定「厚生労働省編職業分類」に基づく以下の職業分類区分の合計である。
(注3)貨物自動車運転手:「663 貨物自動車運転手」。
(注4)常用とは、雇用契約において、雇用期間の定めがない、または4ヶ月以上の雇用期間が定められているものをいう。
(注5)パートタイムとは、1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用されている通常の労働者の1週間の所定労働時間に比し短いものをいう。
(注6)上記の数値は、新規学卒者及び新規学卒者求人を除いたものである。

 
 
また、道路貨物運送業就業者の年齢構成比では、40代~50代前半の中年層に占める割合が43.3%と全産業の平均に比べ非常に高く、40歳未満の就業者数は全体のおよそ30%です。就業者の年齢構成が高く若年層の割合が少ないことから、高齢化により今後更なる人材不足が予測されます(図2)。
 
道路貨物運送業就業者の年齢構成比(図2)(図2)  総務省「労働力調査」(平成29年)から作成
 
 
当社は、経営理念の一つに『人を大切に育てる』を掲げております。今後、この制度を通じて、未経験者や若年層のドライバーの育成・キャリアアップ支援を強化してまいります。
 
 
「免許取得支援制度」に関する詳細は以下をご覧ください。
http://www.win-portal.jp/menkyo/














株式会社Win Job
総合人材サービスを提供
詳細を見る>>

株式会社フードプラットフォームサービス
複数業態の飲食店を他店舗運営
詳細を見る>>

株式会社フルフィルメント・アクセラレーター
企業戦略の策定と実行支援
詳細を見る>>

ページ上部へ戻る