記事の詳細

ビーチバレーボール普及に向け大会開催

 
2016年1月16日(土)に男女混合4人制の「ウィンコーポレーションCUP ビーチバレーボール大会 in鵠沼海岸」が神奈川県藤沢市の鵠沼海岸にて開催されました。この大会は、ウィンアスリートクラブ所属でプロビーチバレーボーラーの畑辺純希選手の呼び掛けにより、多くの方にビーチバレーボールの楽しさと魅力を知って頂きたいという思いから、ウィンアスリートクラブの取り組みの一環として実施致しました。
DSC_6002
 

当日は好天に恵まれ、1月とは思えないほど暖かい陽気の中、総勢12チーム53名にご参加いただきました。
本大会の運営にあたっては、KLB(鵠沼ローカルビーチバレー)のスタッフ様に全面的にご支援いただきました。
 
ルールは、1セットマッチで21点先取したチームが勝利。
試合は、ビーチバレーボールが初めてという方から現役の競技者まで参加者全員が楽しめるよう、初心者や女性がいるチームにはハンディキャップを設定しました。
初心者チームでは珍プレーも見られましたが、試合を重ねるごとにラリーが続くようになり笑顔が増えていました。
一方、上位リーグでは公式戦さながらの迫力ある試合が繰り広げられました。
IMG_4677
 
IMG_4703
 
IMG_4670
 

また、試合開始前にけが防止および裸足で遊べる綺麗な砂浜の保全のために、参加者全員でビーチクリーン(海岸の清掃)を実施しました。
DSC_5983
 

今回、上位入賞チームには賞金と賞品が贈られました。
image3
 
その他にもユニークなウェアや仮装をしたチームに送られる特別賞、さらに閉会式ではじゃんけん大会が行われ、大いに盛り上がりました。勝敗に関係なく競技以外でも楽しめる大会となりました。
 
◆畑辺純希選手より
「競技レベルの高い選手も多く、予選リーグからとても盛り上がりました。このような大会を開催するのは初めての経験でしたが、参加者に凄く喜んで頂けて嬉しかったです。また機会があれば是非開催したいと思います。」
 
 

桃野慎也選手スノーボードクロスW杯転戦中!

 
スノーボードクロスのワールドカップ(W杯)が1月23日にドイツのフェルトベルクで行われ、桃野慎也選手は6人一組で滑る決勝トーナメントの準々決勝で1組4着に終わり敗退、16位でした。
image2
 
翌日同じ会場・コースにて行われたW杯では、6人一組で滑る決勝トーナメントの準々決勝で4組5着に終わり、19位でした。
image3
 
◆桃野慎也選手より
「今まで出場したワールドカップ決勝トーナメントでは思うような結果が出せませんでしたが、今回出場したワールドカップでは2回とも決勝トーナメント1回戦を突破できました。次はトップ10入りを目標にしています。」
 
 

畑辺純希選手、地元熊本県八代市長より激励

 
ビーチバレーボールの畑辺純希選手が1月26日(火)熊本県八代の中村博生市長を表敬訪問しました。
image3
 
今回、八代市、八代市体育協会、八代市バレーボール協会より、八代市出身でオリンピックに一番近い選手を応援したいという事から実現したもので、中村市長より「畑辺選手のリオオリンピック出場と東京オリンピックでのメダル獲得に期待しています。」と激励のお言葉を頂きました。
 
 
また当日は、八代市バレーボール協会の依頼により八代市立第一中学校の男子バレーボール部1・2年生18名を対象に、畑辺選手がバレーボール教室を実施しました。
image1
 
畑辺選手は、自らのプレーを生徒に見せながら熱のこもったアドバイスを行いました。
image5
 
生徒からは、「畑辺選手を目標に頑張りたい。」や、「指導してもらったことを意識して今後の自分のプレーに取り込んでいきたい」と感想をのべていました。

 
 
【News Letter】ウィンアスリートクラブ活動報告_20160229







ページ上部へ戻る