事例紹介:外食(洋食)、15店舗展開


食材流通事業

外食の急成長企業を支える
インフラ・ロジスティックスパートナーとして


お客様企業情報:外食(洋食)、15店舗展開

ご相談内容

既存の食材仕入れ企業への対応に追われる中、さらに仕入れ企業数が増え、本部の対応業務は増加の一途にありました。また、配送業務も本部で組み立てていました。さらに、急成長を遂げ短期間に店舗数が増えたこともあり、本部機能が完全にオーバーフロー状態となっていました。
本来あるべき本部としての業務に集中するため、物流業務と帳合代行の相談をしました。

取組内容

既存ネットワークを活かしながら、最適な物流を構築
帳合を取らせていただいたメインベンダー3社へ物流と商流の中抜きを提案し、実施しました。
また、物流は365日店舗へ納品をしている既存企業(青果物)へ協力を依頼しました。依頼内容は、毎日必要な食材については店舗別にピック後、既存企業のセンターへ弊社から転送し各店舗へ毎日納品してほしいというものです。またその他の商品については、センターからの納品を週4日に設定しました。
センター業務では、弊社のサービス導入初期に受発注システムを導入しデータを管理・分析、分析結果をもとに作業の効率化・削減と在庫管理の徹底を行いました。
事例紹介

得られた効果

データに基づいた提案と交渉力で各プロセスの費用削減に成功
まず、ベンダーとの交渉によって実施可能となった物流・商流の中抜きの結果、該当商品の仕入高を約4%削減することができました。
また、既存企業との協力体制による各店舗への納品の改善で、物流費を8%削減しました。
一方、システムの導入による業務改善では、各店舗の事務作業の削減に成功。在庫管理の徹底により廃棄ロスの削減を実現しました。
弊社のもつ交渉力、システムに蓄積されたデータの分析力、ノウハウを活かした提案力などをフル活用することで、各プロセスでのコスト削減ができました。



>>食材流通サービスの詳細はこちら


各種お問い合わせは、フォーム、またはお電話にて承っております。
お気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合せは、03-3595-7888までご連絡ください。






ページ上部へ戻る